トップメッセージ

 株主の皆様には、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申しあげます。

 Society 5.0の実現に向けて「いつでも・どこでも・何でも・誰とでも」コミュニケーションが可能な社会が現実となっている今日、通信サービスに対する要望はますます複雑かつ高度なものとなっております。
 当社は今年も「インフラ・プラットフォーム志向を軸としてソリューション・サービスも志向する」という基本方針を継続し、通信事業者のお客様とエンタープライズのお客様に先進的な通信ソリューションおよびサービスをご提供してまいります。

 通信事業者向けでは、2025年に予定されるNTT東西による加入電話網(PSTN)のマイグレーションや、次世代ネットワーク(NGN)のオープン化に伴い需要が拡大するゲートウェイ装置(SBC=セッションボーダーコントローラー)および、通信サービスの差別化推進により需要が見込まれるクラウドPBX(構内交換機)へのニーズにいち早くお応えするべく、自社製品の機能拡充を進めると共に、増加傾向にあるMVNO事業者に向けたソリューションについても一層の機能向上に向け開発を進めてまいります。
 また、IoTデバイスの急増に備えた5GやLPWAといった新たな電波利用など、情報通信分野の急速な構造変化への対応も進めてまいります。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け整備が急務とされるネットワークセキュリティの分野においては、当社が得意とするセキュリティコンサルティングの提供範囲の拡大と提供形態の多様化を図ってまいります。さらに、従来より進めている海外パートナーとの連携を強化し、先進的なセキュリティソリューションの提供を目指します。

 エンタープライズ向けでは、レガシーシステム(PSTN)からのマイグレーション需要に対応するだけでなく、急成長を続ける音声認識をはじめとするAI等を活用した音声ソリューションの高度化と付加価値向上を実現してまいります。
 その一環として当社は、本年2月に子会社となる株式会社NextGenビジネスソリューションズを設立し、当社のソリューションとの親和性が高い通話録音装置や音声応答装置、音声認識システムを扱う株式会社neix(以下、neix社)から事業を譲受いたしました。これにより、製品ラインナップの拡充、販路や事業機会の拡大を目指します。

 クラウドサービスにつきましては、海外で急激に成長し日本でも台頭しつつあるCPaaS事業への本格参入に向け、当該事業に特化した子会社、株式会社LignAppsを本年8月に設立いたしました。LignApps社のサービスと、クラウドPBXをはじめとする当社のクラウドサービスU³(ユーキューブ)との連携や、これらの製品・サービスを総合的にご提供することにより、企業における業務効率の向上やワークスタイル変革を支援してまいります。

 当社はこれからも社会の発展に貢献する高度なネットワークサービスの実現に向け、世の中の先を行く構想力と確かな技術力で貢献してまいります。
 株主の皆様におかれましては、引き続きさらなるご支援とご指導を賜りますよう心よりお願い申しあげます。

ceo.jpg

代表取締役 執行役員 社長 大西 新二